千葉一夫、40周年記念パーティーで師
匠・弦哲也と20年ぶりコラボ

作曲家・弦哲也の一番弟子となり、1980年8月5日「君に逢いたい」でデビューして今年で40周年を迎え、記念シングル「この世にひとつ 愛の花」が好調の千葉一夫が7月21日、東京・錦糸町の東武ホテルレバント東京で<ありがとう おかげさま>と銘打った40周年記念パーティーを開いた。

約300人のファンや音楽関係者らが詰めかける中、新曲「この世にひとつ 愛の花」とカップリング曲「明日に一歩また一歩」を歌った後、「昭和55年にデビューして40年がたちました。歌謡界では、もんた&ブラザーズの『ダンシング・オールナイト』が爆発的ヒットしていたそんな時代に、ひっそりと地味にデビューしたのが千葉でございます(笑)。弦哲也先生から言われたことがあります。『千葉、おまえは、出だしは地味でも各駅停車で頑張れよ』。私は昔、鉄道員でしたので、『特急列車に乗らなくてもいいんじゃないか。特急列車じゃなくても、急行列車じゃなくても、快速列車でなくても、一駅一駅に停車して、停車する駅が多ければ多いほど大きな歌手になっていけばいいんじゃないか』と言われまして、その通りにやってまいりましたが、数多くの駅に停車してきたからこそこうして皆さんのような素晴らしい方々にめぐり会うことができた。だからこそ40年も歌ってこられたのではないかなと思います」とあいさつ。
その後、過去のシングル曲から「吉野川」「夢に咲く花」「犬吠埼にて」「相合傘」など全14曲を熱唱。また、歌手仲間の柳澤純子と「東京・ソウル・ラブコール」をデュエットしたり、先輩の演歌歌手・藤野とし恵もお祝いに駆けつけ、ステージに花を添えた。その中で、師匠の弦哲也さんのギター伴奏、弦が石原裕次郎に提供して大ヒットした「北の旅人」を20数年ぶりのコラボで披露。弦から「いやぁ、よかったね。裕次郎さんは52歳で天国に旅立ち、今年が33回忌を迎えましたが、この『北の旅人』が最後の歌になってしまいました。裕次郎さんは『昭和の太陽』と呼ばれていた男ですが、千葉君もぜひ太陽のように温かく輝き続けてください。これからも皆さん、応援してください」と熱いエールを送った。
そして、「ここまで来たら鈍行列車に乗って各駅停車で頑張るしかありません。でも、まだ終着駅は見えておりませんので、鈍行列車に乗って歌い続けていきたい」と話していた。

(提供:サンニュース)

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着