全英チャート、エド・シーランがシン
グル/アルバムとも首位に

今週の全英チャートは、エド・シーランがシングル/アルバム両チャートを制覇した。7月12日にリリースした4枚目のスタジオ・アルバム──ジャスティン・ビーバー、カミラ・カベロ、カーディ・B、エミネム、ブルーノ・マーズらとのコラボレーションを収録した『No.6 Collaborations Project』が初登場で1位に輝き、その中の1つ、カリードをフィーチャーしたシングル「Beautiful People」が先週の3位からトップに浮上した。
シーランはこれで、『+』『x』『÷』、同作と、これまで発表したスタジオ・アルバム全てが全英1位を獲得したことになる。『No.6 Collaborations Project』は初週12万5,000ユニットを売り上げ、現時点、2019年最大のウィークリー・セールスをマークした。

今週のアルバム・チャートは、先週、6週目の1位に輝いたルイス・キャパルディの『Divinely Uninspired To A Hellish Extent』が2位に後退。ビリー・アイリッシュの『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』が4位から3位に再浮上した。新たにトップ10入りしたのはシーランのみだった。

シングル・チャートの2位は、ショーン・メンデス&カミラ・カベロの「Señorita」が先週の首位から1ランク・ダウン。ストームジーをフィーチャーしたシーランの「Take Me Back To London」が3位に初登場した。シーランは、チャンス・ザ・ラッパー、PnBロックとコラボした「Cross Me」も4位に入り、今週『No.6 Collaborations Project』から3曲がトップ10に入った。

今週はこのほか、ロンドンを拠点にするヒップホップ・アーティスト/プロデューサーAJ Traceyの「Ladbroke Grove」が先週の12位から6位、英国のラッパー2人MistとFredoのコラボ「So High」が11位から7位に浮上し、新たにトップ10入りしている。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着