『Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN“REDMARE”』

『Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN“REDMARE”』

Red Velvet、
WOWOWにて放送される
初のアリーナツアーから
5分超えのダイジェスト映像を公開!

2014年に韓国でデビューを飾った5人組ガールズグループ、Red Velvet。その実力は海外でも知られるところであり、2015年から2017年にかけて発表したアルバム2枚とミニアルバム2枚が米ビルボード“ワールドアルバムチャート”で1位を獲得したのに続き、2018年12月にはアルバム『RBB』と同名のリード曲が“ヒートシーカーズ・アルバムチャート”、“ワールドデジタルソングセールスチャート”でいずれも1位にランクされる快挙を達成した。

そんな彼女たちにとって、史上最大規模であり、初のアリーナツアー『Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN“REDMARE”』の模様を3月31日(日)夜7:30からWOWOWで放送する。この放送に先駆けて、ライブダイジェスト映像を番組サイトにて、WOWOWのWEB会員限定(無料)で特別公開! 「SAPPY」や「Aitai-tai」などの楽曲から、メンバーのソロダンスパフォーマンスまで収められた興奮必至の映像となっており、放送への期待が高まることは間違いない。放送ではライブダイジェスト映像にない衣装も観ることができ、遊園地をテーマにしたカラフルなステージで披露される彼女たちのパフォーマンスは必見だ。

また、『Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN “REDMARE”』で1月29日、30日に開催された横浜アリーナ公演はRed Velvetにとって過去最大規模の会場。ライブダイジェスト映像に合わせて1月30日のライブレポートも到着したので、ぜひチェックしてほしい。

【ライブレポート】

1月30日、横浜アリーナ。この日のライブは、Red Velvetの日常が切り取られたようなVCRからスタートした。ステージ上とはまた違った表情を見せる彼女達にオーディエンスは釘付けで、同世代の女性ファンが多いこともその理由。オーディエンスにとってアイリーン、スルギ、ウェンディ、ジョイ、イェリの5人はアーティストとしてはもちろん、“女の子”として目標とする憧れの存在だったりするのだろう。

今回のライブのテーマは“遊園地”。VCRの中から飛び出してきたかのようにステージに現れた5人に大きな歓声が上がった。メンバーは迷い込んだ遊園地を存分に楽しむかのようにライブへと導いていく。1曲目に届けられたのは「Russian Roulette」の日本語バージョン。人気曲とあって1曲目から会場内は割れんばかりの歓声に包まれた。リレーションで魅せていくキュートなダンスと目を引くフォーメーションは、女の子のかわいさが最大限に活かされた完璧なステージングである。

最初のMCでは1人ずつが勉強中の日本語で挨拶をし、「Mosquito」へと繋げていった。一生懸命に日本語で挨拶をしようとする姿はなんとも健気でかわいらしい。ダークな印象のイントロから始まり、独特なリズムで客席を煽っていくと、客席からは掛け声が湧きあがった。

中盤では、メンバーが動物に扮した衣装で檻の中に閉じ込められ、“助けて〜”、“誰か居ませんか?”とステージに現れるSHOWとしても楽しめる場面もふんだんに用意されていた。曲中でじゃれ合うようにアイリーンとスルギが抱き合ったり、ジョイとイェリがアイコンタクトを取って呼吸を合わせたり、ウェンディが絶品の歌唱を響かせた場面もありつつ、Red Velvetの個性が詰め込まれたキャッチーなメロと演出でオーディエンスを盛り上げていく。かわいいだけじゃない絶対的な歌唱も魅力であることを、随所で証明してくれていたように思う。

歓声が一際大きかったのは「SAPPY」。MVが流れると、実際のステージの上でもタイトな足さばきのダンスが披露され、オーディエンスを盛り上げたのだ。《どっちが好きなの? はっきりさせてよ!》という日本語歌詞のフレーズとメロディーのハマりがたまらなくキュート。ちょっぴりねだる雰囲気と、ちょっぴり拗ねる雰囲気が、女の子らしさを強調させるのだ。

後半へ続く流れでは、「Blue Lemonade」のアンニュイな世界観がとても印象的。美しいハミングに会場中が聴き入っていた景色はとても美しい景色だった。透明感のある鮮やかなメロを持つ「Aitai-tai」を、トロッコに乗り込んで届けた。

彼女たちとの距離がグッと近くなったことに興奮する後方席のオーディエンスに対して、姿勢を低くして歌を届ける5人の姿はとても好印象。精一杯手を伸ばし、歌とその姿を渇望する場内の熱さは、彼女達がいかに求められているかのバロメーターとも言えた。

ラストでは、全身のキレを武器としたキレのあるパフォーマンスで魅了。同期の強いエキゾチックなリズムや少しダークな印象のサウンドを放ち、Red Velvetというグループの全てを出し切ってオーディエンスを楽しませたのだった。「Rookie」での客席からの掛け声も圧巻。この日、Red Velvet史上最大キャパに挑んだ彼女たちは、会場に集まったファン達の熱い声援を味方に付け、Red Velvetのステージをさらに色濃く実らせ、大きく成長させていたように思う。

『Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN“REDMARE”』の模様は3月31日にWOWOWにてオンエアされるので、ビルボードを席巻中のRed Velvetのライブをお見逃しなく!

【番組情報】

『Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN“REDMARE”』
3月31日(日)夜7:30~[WOWOWライブ]

■番組特設サイト ※ライブダイジェスト映像公開!
https://www.wowow.co.jp/redvelvet

<ライブダイジェスト楽曲>
「Russian Roulette」「#Cookie Jar」「SAPPY」「Aitai-tai」

◎プレゼント情報
・新規ご加入者限定
抽選で5名様に直筆サイン入りボックスポーチプレゼント!
・テレビ会員限定(※既加入者の方)
抽選で5名様に直筆サイン入りフェイスタオルプレゼント!
『Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN“REDMARE”』
『Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN“REDMARE”』
『Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN“REDMARE”』
『Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN“REDMARE”』
『Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN“REDMARE”』
『Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN“REDMARE”』
『Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN“REDMARE”』
『Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN“REDMARE”』
『Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN“REDMARE”』
『Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN“REDMARE”』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」